2015年02月14日

ダメだ

だめだ
自分がいやだ
いや、自分のせいだ
反省してちゃんとするのが前に進む方法
逃げたらあかん
逃げたらあかん

やってしまったことは
もうかえれないから
向き合って
謝って
進まないと、

がんばれがんばれ自分がんばれ
posted by よぅ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | a day | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

拒否

そんな患者さんが一人いるだけで
毎日が憂鬱
こわい。

じぶん、だめだ。

posted by よぅ at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | a day | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

今年も終わりだよー(≧∇≦)

なんてなんて。
一人だと寂しいんだろうなぁ
けど、2人だからって幸せを感じるのかなぁ

好きとか嫌いとかなんか難しい

そんなん考えてると暗くなる。

あー、一年終わり。
怒涛の一年だった
少し拒否するおじーちゃんが転院してくれて
精神的に楽に正月を迎えられそうです。

では。

posted by よぅ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | a day | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

いっちゃった。

自分の存在だったりさ、
相手の存在だったりさ。

いつの日も鬱だなぁ。

自分ってなんだ。
時間があるといつもそんなことばっか考えるから
ほんと、
鬱だなぁ。

なんて。

早く死にたい。
そんなこと考えたって
そんな勇気もないって
わかってるわかってる。

毎日

いきてるよ。
posted by よぅ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | a day | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

いいひもくそも

一人になると、なーんだか気分が滅入る。
女の子の日の前だから?
一人になりたい、なれない。
一人で寝たい。

自分がバカだ
バカだ
バカだ

自分なんてちっぽけな存在なんだ

なんて思うけど
誰を大切にしていいのやら。

辛い。

なんか、とっても辛い。
posted by よぅ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | a day | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

そうやってまた。

自分のため
人のため

自分は誰かと一緒にいるということが、できないのだろうか。
一生ひとを好きで居続けることができないのだろうか。
だからといって、1人は寂しいから嫌だとか。最悪な人間かな。

自分がどれだけ考えようと、それを相手に伝えられなければ
その考える行為自体がストレスになってしまっている。

あー、ただの臆病者。
だが、自分が悪いことをしたと思わないのに、謝ったり、機嫌をとるのもいやなんだ。

自分が嫌いだ。
posted by よぅ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | a day | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このかんに、様々なことがあったのかな。

6月も終わりにさしかかろうとした時、
やはり、突然知らせはやってくる。

群馬のばぉちゃんがなくなったと。
3月の終わりにたおれて、お母さんとお姉ちゃんとすぐさま群馬へむかって。
ご飯は黙々と食べていたけど、意識がはっきりしてなくて、私の事はもうわからなかった。お母さんのこともわからなかった。でも、自分は先にかえってしまったけど、次の日、少し意識がはっきりして、ちゃんとわかっていたそうだ。ばぉちゃんは、自分の置かれている状況に涙していたんだって。

あれから、だいたい3ヶ月か。

また夏にお見舞い行く予定をたてていたところだった。

じぶんが撮ったばぁちゃんの写真が遺影につかわれた。嬉しかった。
そしてなにより、親戚が沢山集まってばぁちゃん凄いと思った。

自分のこともみててほしいけど、じいちゃんのこと守ってあげてよ。
またみんなでお寿司食べよう。
その時までいっぱい笑っとくよ^ ^



なんとなく名古屋のばぁちゃんが亡くなった時の記事を読んで、また涙がこぼれた。

まだ2人の死を、自分は受け入れられてない。わかっている。

けど、こうやって文章すると、少し気持ちもまとまったようなかんじがする。

また、2人のじいちゃんにあいにゆこう。2人のばぁちゃんにあいにゆこう。

posted by よぅ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | a day | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

あしたから

そう、明日から新しい職場での仕事が始まる。

ここ半月、有休消化で休みだった。
遊びほうけていて、逆に体が休めていない。
なんて、贅沢な事をいってみる。

さぁ、明日からどんな生活が待っているのか。
どんな人たちに出会うのか。
今までの自分を超えられるのか。

頑張りたい。

あと、引っ越しもちゃんとしたい。
posted by よぅ at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | a day | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

彼女

彼女の存在について少し記しておこうと思う。

この人が、これから自分の一生いるひとだと考えている。

なんて、そんなこといったらすぐ分かれちゃったりしてねw

この人の前で、自分は思いっきり泣いてしまった。
この人にギュッてされたら涙が止まらなくなった。

お仕事もやすんでくれてそばにいてくれた。

なんか、まだ頭の整理がついてはいないんだけど
その人と一緒に寝てたらすごく安心するようになった。

今まで、どんなベッドも自分のふとんよりかなわなかったのに。
そういう人に、その人がなったということだ。

自分は未だに好きという感情がわからない。

でも、なんか夜の営みは苦じゃないし逆に楽しいし
離したくないと思う。

何がいいたくなったのかわからないけど
そばにいてくれてありがとうっていうことと
これからもどうぞ、自分のことをよろしくお願いしますってことだ。
大好きだよ。
posted by よぅ at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | a day | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ばあちゃん。

3月4日 名古屋のばあちゃんがなくなった。

自分にとっての初めての身内の死。
病気も進行していて、かなり状態が悪い中運ばれたみたいで。
認知症もすすんでいたけれども、何も言わずに遠くへいってしまった。

ほんの半月前にばあちゃんにあいにいったところだった。
自分も現実に目を向けれなくて、逃げてかえってきたようなものだ。
そんな自分がすごく嫌になった。

自分は医療の人間であるから
人の「死」を、他人よりも少し近くでみることがある。
それと同じくらい、人の「生」を近くでみることがある。
人がいかにもろいことも、いかに強いことも知っている。

だが、こうやってこんな言葉たちで自分の心を落ち着かせようとしてみても
やはり涙が止まらなかった。

死ぬことは悲しいけれど、決してつらいことではなく
その人が、どう生きたのか、自分とどうかかわってきてくれたのか
そんなことを思い出していた。
自分は孫であり、いつだってゲストでありばあちゃんにとっての家族にはなれなかった。
それがばあちゃんとしのあり方であり、自分の迎えられ方だった。

また一緒にデパートいって、高いものをみて
ああでもない、こおでもないってあきれるくらい話しながら
疲れてはお茶をしながら
そんな風に、いつかまた名古屋や栄を回れたらいいな。

ばあちゃんの孫で、自分は最高に幸せだ。
これからも、みんなのことずっと見守っててね。
自分が変な方向へ進んだらだめってしかってね。
posted by よぅ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | a day | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする